パピヨンベビーズ誕生  オーロラちゃん 動物病院 自然分娩 早産 陣痛促進剤

2月16日日曜日

 

今朝から、オーロラちゃん、時々落ち着きがない様子でした。
前の日から時々、そわそわ、ほりほり、してましたので、軽い陣痛がきているのではいかとヒヤヒヤしてました。交配をして53日目、一週間前!!!まだまだ出産には早いです。陣痛来ないでと思いながら、嫌な予感もしてました。

2月11日火曜日

早産になる四日前からお腹もだいぶ貼って来たなと思います。

雨の日の後だったのもあって、ユッキーとシュンラン、お庭を駆け回って汚れていたので、シャンプーをして、さぁみんなと遊ぼうと思ったらオーロラちゃん、やっぱり落ち着きがないんです。ヒートになるとこんな感じもみせることもあります。そして、11時頃、ドッグランからお家に入ったオーロラちゃん、ラピちゃん。オーロラちゃん、ひとりだといつも吠えるので、心強い相棒のラピちゃんと一緒に入り、ほりほり、カキカキ、ソワソワ。ハァハァ息きみはじめました。やっぱり、お産がはじまります。まだ53日目です。どーにかまだお腹にいてほしいですが、そうゆう訳にはいきません。これは切開かなと思い浦安病院へ電話をすると…先生は僕らには決められないといいます。切開のつもりで電話をしたのですが…(汗)まだ切開しない方が良いと言ってるかなとも思っていまい、お友達のブリーダーさんへお電話をしました。以前、お友達も同じようなことがあって、早産でしたが、自然分娩で行けたそうです。ベビーちゃんも元気良く育ったそうで…お産は毎回違いますが、オーロラちゃん、何度も息んでいて、一年前、ユッキーとシュンランの誕生時も息んでいて、3頭のうち1頭が突っかかって出られなかったこともあったり、子犬の体力も心配です。やっぱり切開だと思いました。覚悟もしとかないといけないと思いつつ、病院へ行く支度をしていると、また🚙がオートロック。ゾンが、脱走して庭をウロウロ駆け回っていて、、、そんな中、カチャカチャと音がしました。車にいたメルやメルっ子たち、オーロラちゃん…車に閉じ込められました。(汗)(早まるなと、切開ではなく、自然分娩で行きなさいと亡き父が教えてくれたのかもしれないと勝手ながら思います。)
こんなときにあるか?!と思いながらも焦りながら、保険会社へ電話。旭市から30分か40分で到着予定。今回は山武市の方は電話通じなかったそうです。業者の方にせっかく来てもらったのですが、のんびりされてる方で、犬に話しかけてお前がやったのかと?‥おちょくっているように思いましたので、警戒心の強い子に話しかけても、更に吠えるので辞めてください。命がかかっているのです。と言ってしまい、焦りとイライラが止まりませんでした。鍵も中々開きません。


以前山武市からの方は鍵穴カチャカチャですぐ開きました。今回はどうも、隙間から棒をさして、開けるそうなのです。この車は鍵では開けれないと業者の方はいいます。以前の方は簡単に開けられたのに‥。更にイライラMAXです。笑‥犬もずっと吠えてます。車の外から犬達を落ち着かせるように話しかけ、指示をしました。犬たちにも怖い思いをさせてしまいましたが、ようやく鍵も開いてオーロラちゃんもみんなも元気。(イライラしてしまいましたが(汗)大変、助かりました。きちんとお礼はお伝えしました。)

さぁ、病院へ行くぞー!!動物病院へは14時半過ぎの予定です。高速を降りた辺りから14時20分頃、長女ちゃんが誕生!!車の中でも産んでもいいように糸やタオル等は準備していましたが、いずれにしても、病院にはいかないといけません。病院へ到着して、

先生と相談。陣痛促進剤の選択肢もあると…決めるのは土屋さんだと言われ‥お腹に傷を入れるよりかは自然分娩でいけるのであればと思い、お願いすることにしました。一本打つとすぐ来る筈が中々生まれません。来ている様子ではありまが、、、遅いです。

2本目の注射で一気に2頭?!白黒の長男くん誕生!!長男くん誕生したら、なんと鼻血…(汗)風邪を引いていたのもあって疲れが溜まっていたのかこんな時に鼻血‥。生まれた子は先生が処置をしてくれました。あれ?!隅っこにもう白黒の子。袋から出すと下が黄色く24時間以内にお星様になっている様子でした。お星様になった子が居たから早産になり、つかかってから中々でられなかったようです。エコーでお腹中を確認すると、まだ1頭お腹にいるようで心臓もしっかり動いている様子がわかりました。ラスト1本の注射。白黒の次男くん誕生!!オーロラちゃん、お腹切らなくて済みましたし、やれやれと無事に出産を終えました。鼻血も治まり、お産中、先生のお話しが耐えませんでした。笑‥お話しを聞きつつ、オーロラちゃん、ベビーが気になりつつ鼻にティッシュをつけてのお産でした。m(__)mそして、お会計の際に患者さんとすれ違い、かわいーと言ってくれたのは嬉しかったのですが、私はティッシュを突っ込んだままでしたので‥笑。病院を出て、癲癇の薬を忘れていたので、また病院へ行きました‥。今回は動物病院で無事にお産が終わりました。先生に毎回こうだと困るな。と…(汗)本当にズバズバ言ってくれる優しい先生に感謝です(≧▽≦)

帰りにオーロラちゃん子犬の様子をみていたら…まーるい物がころころ…。えっ!?良くみたら胎児の頭?!オーロラちゃん、まだお腹に居たらしく、下半身食べてしまってました。自然界ではありえますよね。野生的です。エコーでは心臓がしっかり動いていたのは1頭だったので、恐らくもうお星様になっていたのでしよう。全部で5頭ということです。小さなお腹に5頭は押し潰れてしまいますね…(白黒♂3頭お星様)何かの原因で1頭がお腹中でお星様になると、連鎖してお腹中にいる子達はみんなお星様になることが多いです。なので生き残った子達は奇跡しかありません!!

動物病院で3時間半くらいのお産で、帰宅したのが、6時半頃。

吸う力も少し出てきました。

オーロラちゃんも母性本能発揮で下の世話もしてくれます。ママ業も上手になってきたオーロラちゃんでした。

授乳をしながら、ベビーズも少しずつ上手に吸えるようになったと思いきや急変…母乳を1滴2滴でも違うので、無我夢中にずっとやり続けました。気づいたら3時。これで回復しなかったら駄目かもと思いながら、少し復活!!

私の力不足により、一番小さい次男くんを助けてあげることができませんでした。

何度も何度も生命を彷徨う日々でした。

お近くのお友達が病院帰りにお弁当屋さんに来ていて届けてくれるのことでした。こんな状況なので、大変、助かりました。届けに来てもって子犬の心配をしてくれました。手持ちのカテーテルがあったので、カテーテルのやり方、保育器も教えて貰い感謝しかなかったです。もう死にかけ状態がずっと続いてまして‥もっと早く助けを借りていればよかったのに‥無我夢中で自分でどーにかしないと駄目だという気持ちがあったからいけなかったです。こんな時は先生から教わった温め方法では体力が奪われ、いけなかったのだと…。お友達も忙しい中、自宅に一度帰宅して保育器とカテーテルを持ってきてくれたのです。もう本当に嬉しくて…絶対にこの子達の命を繋げてあげたいという気持ちが強まりました。弱っていく姿を見て覚悟を決めとかないといけないと思いつつ、やれることはやりたい!!生きてほしいと想いがありました。せっかく授かって生れて来てくれた命、オーロラちゃんが命がけで、産んでくれました。絶対にこの子達を助けたいと想いでいっぱいでした。

届けて貰ったホカホカの保育器

スヤスヤ寝ています。

自力で徐々に飲めるようになりはじめました。

白茶の女の子はまた手が入ります。

手持ちの保育器へ

この子達は本来ならまだまだお母さんのお腹中ですくすく育つ状態です。お母さんのお腹中にいるようにイメージをし、お湯袋も豆に変え、湯気もでて、ホットサウナのようにすることこの子達は温まりも良いようです。

 

2月18日

このとき、白茶の女の子が下痢をするようになり、

少しでも早くとまたまたお友達にお力を頂きました。

お友達のご愛犬が切開の為、動物病院へ行く前にも関わらず多忙の中、薬も用意して頂いて‥

行き先がかかりつけの浦安病院ということで、先生に電話で確認しまして、お友達が帰りに薬とカーテルを届けてくれました。お礼にあるものでありますが、お弁当を作りました。お友達も喜んでくれたようで嬉しかったです。元気なベビーちゃん達のご誕生、おめでとうございます(人 •͈ᴗ•͈)🍀✨

 

 

2月19日 手で押さえてなくても自力に一生懸命に飲むようになりました。涙がウルウルで止まりませんでした。

 

お友達の助けもあり、よく飲むようになって、ここまで回復してくれた時は涙がウルウルで、思い出しただけでもウルウルします。

本当にありがとうございました。

オーロラちゃんと子犬たちと頑張ってきたことに誇りに思います。

オーロラちゃん、子犬ちゃん、ありがとう。

 

まだまだブログ記載途中なのですが‥一先ずこちらでアップします。また書きます。

お腹にいたら今日で60日目

53日目、少し未熟児で生まれ、お陰様で、回復し、元気にすくすく成長中です。

美系のパパ似の白黒の男の子♂

可愛いオーロラちゃん似の白茶の女の子♀

(昨夜撮影)

⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐

2月19日

自力に吸えるようになるまで回復をしたふたり。この日の感動は忘れられません。

いつ何が起きてもおかしくない状況ではありましたが、少しずつ毛色の変化等の成長を嬉しく感じながら見守ってきました。

オーロラちゃんも積極的に下のお世話もしてくれて母性本能発揮です。

子犬は保育器なので、オーロラちゃん、別々にされた時はいっとき落ち着きがなく、子犬を心配そうに見てました。辛いですが、仕方ないです。保育器なしでも大丈夫になるまでは…自力で飲めるようになってからは、保育器なしでもいけるように少しずつ様子見でした。

  

元気に動きます。

体重も順調に増えてきました。

2月20日

オーロラちゃん、保育器から脱出できた、娘と息子をずっと抱きかかえることができ、安心出来たからか、ホットしてスヤスヤ寝ています。

オーロラ母さん、お疲れさま🍀

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事